☆ 名寄市新天文台 ☆

名寄市新天文台情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プラネタリウムのイス

先週末、プラネタリウムのイスの設置が行われました。
その作業中の写真です。

pla_ch-1

プラネタリウムのイスが運ばれてきました。
写真は正面玄関から運び込まれているところです。

pla_ch-2

プラネタリウムに機材が運び込まれ始めました。

pla_ch-3

イスを設置するための土台です。
全てのイスが南の方向を向いて弧を描いて設置されます。

pla_ch-4

入口の方から見たところ。

pla_ch-5

イスの設置が始まりました。
イスは赤い色をしています。

pla_ch-6

全てのイスの設置が終わりました。
全部で50席あります。

pla_ch-7

そのうちの何台かは車椅子設置用や、イベント開催用に取り外して移動出来るようになっています。


今週はプラネタリウムの投影機の設置が行われています。
プラネタリウムが完成したら、職員は使い方を覚え、番組製作を行います。
来年のオープンに間に合うように番組作りを頑張ります。
スポンサーサイト
天文台紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 |

天文台内部の写真

12月に入って早2週間。
先週で旧天文台からの引っ越し作業も一段落し、仕事の場は新天文台に完全移行しました。

さて今回からは、12月に入ってから撮り貯めている写真を一挙公開します。
まずは、天文台引き渡しがあった12月1日の写真から。

20091201-1

1枚目は、企画展示コーナー辺りです。
木のフロアの奥に写っている間仕切りの奥がレクチャールームです。

20091201-2

展示コーナーの奥にある大きな窓の外には森の休暇村のコテージが見えています。

20091201-3

建物の中から見た正面口です。

20091201-4

レクチャールームはカーペットのフロアです。
カーペットの下はOAフロアになっています。

20091201-5

プランタリウムの入口には、扉の上に「プラネタリウム」と書いてあります。
1枚目の扉の色は黄色、2枚目(奥)の扉の色は赤です。

20091201-6

プランタリウムのドーム内です。
12月始めにはまだイスが設置されていない状態でした。

20091201-7

これは屋上観測室(スライディングルーフ観測室)の中です。
まだ望遠鏡が設置されていないのですが、望遠鏡を設置する場所には床に穴が空いています。

20091201-8

階段です。階段の電気は人が来ると自動で付きます。

20091201-9

最後に、天文台の入口に貼られている館内の案内図です。
色の塗られている場所が、皆さんの入っていける場所になります。


さて、今回は12月1日に撮影した写真たち(の選りすぐり)でした。
次回は、プラネタリウムのイスを設置している様子の写真を公開します。
天文台紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |

木原天文台が休館しました。

11月29日で木原天文台は休館という扱いの、実質閉館いたしました。
そして、12月に入り、現在引越作業中です。
引越が終わるころには、プラネタリウムの設備や望遠鏡が新天文台へ入ってきます。

次の更新は新しい天文台の中からの更新となります。
新天文台の中の写真をどんどん載せていく予定です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年も冬景色

今年も北の大地に冬がやってきました。
昨晩からの雪で新天文台も雪化粧。

20091101

星見の丘の雪と言えば、去年の祈願祭の時にも雪が降った後でした。

これから名寄は本格的な雪の季節です。
新天文台は今年の冬の積雪でドームやスライディングルーフなどのテストをして、来年春からオープンです。
風景写真 | コメント:1 | トラックバック:0 |

愛称

愛称が発表されてから20日も経ってしまいましたが、遅くなりましたが、ここでも決定の発表をさせていただきます。

愛称は
「きたすばる」
に決定しました。
この愛称を応募していただいた、愛知県在住の小寺さん、ありがとうございます。
また、残念ながら選ばれませんでしたが、他にもたくさんの方々が応募してくださいました。
皆さん、ありがとうございます。

愛称は、有識者が集まって、愛称選考委員会を開き、決定しました。
すばらしい愛称が多く、決まるまでに大変時間が掛かりました。
たくさんの愛称の中から、新天文台の愛称は、子供から大人まで覚えやすく、一度聞いたら忘れない、印象に残る愛称が選ばれました。

「すばる」は、冬の星座「おうし座」の中にある散開星団、正式名称「プレアデス星団 M45」。清少納言が枕草子の中で「星はすばる・・・」と詠んだ、有名な星です。冬に見える「すばる」は、冬がすばらしい名寄にぴったりです。
また、国立天文台のハワイにある「すばる望遠鏡」に対して、日本の「北」の方にある「すばる」ということで、「きたすばる」。とてもいい名前です。

こんなすばらしい愛称を考えてくださった小寺さん、本当にありがとうございます。
来年4月のオープン時に記念品などを贈呈させていただきますので、後ほど、ご連絡させていただきます。

応募したけど残念ながら・・・な皆さんも、是非、オープンの時には新天文台にお越しください。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。